大学受験に失敗したことから始まりました

大学受験に失敗したので、浪人生になりました。

もともとコンピューターが大好きだったので、工学系の大学に行きたいと思っていたのです。
工学系の大学に行って、もっとコンピューターの勉強がしたいと思っていました。
コンピューターの開発関連の仕事に就きたかったのです。

しかし、大学受験に失敗してしまったので、塾で毎日のように勉強する浪人生になってしまいました。
親友たちはみんな大学に進学していたので、とても恥ずかしい思いをしました。
また、浪人生としての生活は、華やかなものではありませんでした。
毎日勉強していたので、ストレスが溜まりました。

美容外科 求人

ある日、気分転換をするために、塾の友達と昼ご飯を食べに行くことにしたのです。
普段あまり話していなかった相手だったので、とても楽しい時間が過ごせました。
笑ったり面白い話もたくさんできたので、かなり気分転換にもなりました。
また、楽しい話だけではなくて、真剣な話もたくさんしました。

その時に、新しい興味があることに気が付きました。
例えば、医療に興味があったことに気が付いたのです。

 

美容外科医として土日休みの求人もありました

資格取得後外科医として勤務して来ましたが、結婚を機に一度現場を離れました。
その後、子供も手を離れつつあるので、そろそろ医師として復帰したいなと考えるようになりました。
女性として、美しさに関係した仕事に従事したいという思いがずっとあり、美容外科医として働かせていただけるところはないかと探してみました。
最近はこのような種類のクリニックも百花繚乱、そして医師の資格がある人間にしか操作ができない機械や、高度な施術などを売りにしているところも多数あると聞いていますので、わたしの思いも実現するのではないかという期待を持って臨んでいました。
そして、やはり家庭との両立を第一に考えたいという思いから、土日休みでも大丈夫な職場を希望していました。
専門分野に関しては一通り網羅しているとはいえ、一応新しいことにチャレンジしようというスタンスで、なおかつそのような条件も加えての職探しでしたので難航するかなと覚悟をしていましたが、意外なほどよい求人がたくさんありました。
医師というのは基本的に、専門知識やテクニックを活用して社会に貢献していくという理念を持った人がなる職業です。
なので、もちろん良いに越したことは無いのですが、条件面に関してはまあ二の次というか、まずは自分の知的好奇心や、貢献度が高いであろうポイントを狙って勤務先を決定するといった立ち位置の決め方がまずあると思っています。
そういった意味では、美容に関する悩みを持っていて、しかも医師国家資格を有するわたしのような人間のスキルを必要としてくださっている多くの人の役に立ちたい、という思いがまず第一にあった気がします。
そんなこんなで、求人をあたりました。
専門のサイトなどもあり、さすがにしっかりとした作りで掲載されている情報も間違いのなさそうなものばかりです。
もしかしたら、これはわたしの周りの環境がそうなのだというだけのことかもしれませんが、業界内で、身の回りから得られる美容外科の求人情報より、こちらの方がより良いものが多かったという印象を持っています。
なんとなく、そういうものは人の縁だったりもしますから、直接の紹介を通じての方が色々と良い条件で働けるのかなと思ってしまいがちですが、今回に関してはそのようなことはありませんでした。
医師の専門の求人情報ということで、業界内の基準などはもちろんきちんと満たしていましたし、それ以上に、新しい分野に挑戦していこうとする人たちにとって強い後押しとなるであろうシステムであることに、非常に強く共感しました。
伝手を通じて勤務するドクターが決まっていってしまうとなると、質の良いドクターとそうでは無いドクターが、それぞれの勤務先に固まってしまい、そうなると自ずとレベルの低いクリニックというところができてしまいます。
広告の打ち方ひとつで印象などはいくらでも変わってしまいますから、結果的に辛い思いをするのは、施術を受けに来た患者さんということになってしまいます。
今回利用させていただいたような医師向けの求人サイトは、わたしのような新たな仕事を求めている資格保有者にとってはもちろん非常に有意義でありがたいものですが、それだけには止まらず、末端の利用者の方にとっても最終的に良い結果をもたらすことになるのだなと、はじめて実感しました。
現在は、初心を忘れることなく毎日新鮮な気持ちで、美容外科医として勤務しております。
私生活とのメリハリもきちんと付けることができ、大変充実した毎日をおくることができ、満足しています。
良い求人情報が見つかり、条件面にも納得した上で話を進めることができたのが良かったなと、感謝しております。